レーザー脱毛の種類

人により脱毛したい箇所は違います。ワキや腕、膝などは多くの方が脱毛しています。その他に、VIO脱毛をする人もいます。デリケートな部分ですから、痛みに関しても強い痛みを感じることでしょう。ですから、どんな施術をすれば痛みが軽減できるのか。またどこで施術をすれば痛みが少ないのか。このあたりのことを事前にチェックしておきたいものです。口コミなどで、
エステサロンだとあまり効果が期待できないという書き込みがあるようです。また、やはりクリニックで行う医療用レーザー脱毛は痛みが強いという口コミもあります。確かにデリケートゾーンは他の箇所以上に痛みが増しそうです。
医療用レーザーはその威力故に痛みが強いことで知られていますが、全ての医療用レーザーがそうではありません。なかには痛みが少ないレーザーもあります。VIOラインの脱毛ならば、そのような痛みを軽減できるレーザーを使ってもらいたいですね。レーザーにもいろんな種類があります。
「アレキサンドライトレーザー」・・・黒い色、メラニンに反応する光。
照射して、毛根を焼いてダメージを与え、毛が再生する力を奪うことで脱毛する。痛みが強い方法である。
「ジェントルレーズ」・・・日本で一番使用されているレーザー。痛みが「アレキサンドライトレーザー」以上に大きい。
脇であっても激痛。デリケートゾーンとなると相当な痛みを伴う。
双方ともに脱毛の効果は高いですが、痛みが強いと覚えておきましょう。

 

脱毛の時に伴う痛みはとても大事な問題です。

単に脱毛がしたくてサロンやクリニックに通うことにしても、実際に施術を受けてみて、あまりの痛みに耐えられなくて、止めてしまうようでは、お金も勿体ないですし、脱毛自体が中途半端になってしまいます。ですから、脱毛を始める前に、通うクリニックがどんなレーザーを使い、どれほどの痛みがあるのかを理解しておいた方がいいのです。できればお試しコースなどがあれば是非やってみると良いでしょう。また事前のカウンセイングの段階で、痛みに関して詳しい説明をしてもらう事、また自分からも質問してみましょう。痛みに敏感な方は、その旨しっかりとスタッフの申し出ておきましょう。また、口コミなどから、痛みが少ない、または軽減されている機械を導入しているクリニックなどを調べるのも大事でしょう。さて、レーザーですが、いろんな種類があるのです。そのなかから痛みの観点からみていきましょう。

 

「アレキサンドライトレーザー」・・・脱毛効果の高いレーザーとして有名です。しかし、その効果故に痛みは強いとされています。

 

「エリートアポジー」・・新しいマシーンであり、患者の肌に合わせて対応できる機能がついています。「アレキサンドライトレーザー」より痛みは少ないようです。

 

「ダイオードレーザー」・・・痛みは「アレキサンドライトレーザー」の3分の1程度と言われています。痛みがすくないですから、VIOラインや、痛みに敏感な個所の脱毛に適しています。全く痛みが無いというわけではありませんが、アレキほどではありません。

 

3つほどレーザーを紹介しましたが、やはり痛みには個人差がありますから、一概に痛みが弱いとも言い切れない部分はあるのです。けれども、痛みに関しての寸評はひとつの目安になることでしょう。